ニイガタ検定ブログ

ニイガタ検定についての、ピックアップニュースを掲載しています。

第1回 福島潟 (旧豊栄市)
〜福島潟は自然の宝庫〜

四季を通じて、たくさんの発見がある自然の宝庫福島潟。今年も冬本番となり、たくさんのオオヒシクイが飛来している。日本海東北道 豊栄新潟東港ICより5分。



日本の原風景福島潟は、葉の直径が2mを超える大きさを持つ水生植物で、絶滅のおそれがある、オニバスの日本北限の自生地。また、国の天然記念物に指定されている渡り鳥で、雁の中では最大の鳥であるオオヒシクイが日本一越冬する潟湖として知られる。1年を通して、220種類の野鳥、450種類の植物が見られる自然の宝庫であり、日本の自然100選、遊歩100選、日本の音風景100選、かおり風景100選などにも選ばれている。

福島潟は、季節に応じて様々な野鳥が飛来します。特に、毎年9月下旬〜10月にかけて飛来し始めるオオヒシクイは、今シーズンも順調に数を増し、次第に潟がにぎやかになってきた。毎年5,000羽以上が飛来する日本最大の越冬地であるこの湖で、翌年2月下旬まで羽を休めたオオヒシクイたちは、再び2,400キロの旅につき、繁殖地であるカムチャツカ半島へと帰っていく。




水の駅・ビュー福島潟
〒950-3328 新潟県新潟市前新田乙493
TEL:025-387-1491(ヒシクイ) FAX:025-384-1200
| ピックアップガイド | 11:33 | - | - |
<< | 2/2PAGES |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
● 公式ホームページ
● 携帯専用サイト
● 最近の記事
● カテゴリー
● 過去の記事
● 管理者プロフィール
● 情報配信
このページの先頭へ