ニイガタ検定ブログ

ニイガタ検定についての、ピックアップニュースを掲載しています。

第5回 佐潟 (旧新潟市)
〜ラムサ−ル条約登録湿地 〜

新潟市内から新潟西バイパス〜R116、田島交差点を右折、主要地方道新潟・寺泊線を左折、無料駐車場有。自然たっぷりな市民憩いの場である。

佐潟は、地域の水源や漁業などの生活の糧として利用されながらも、自然に近い状態が保たれてきた貴重な沼湖です。ここでは、国内有数のオニバスの郡落や、ミズアオイをはじめとした貴重な水生植物が数多く見られます。昔から白鳥の渡来地として知られ、毎年冬は約3,000羽の白鳥が羽を休めています。そのほか国の天然記念物に指定されているヒシクイや、その姿がパンダに似て愛嬌のあるミコアイサなどさまざまな水鳥が越冬のためにやってきます。

佐潟水鳥・湿地センターは、1996年3月に佐潟がラムサール条約登録湿地となったことから、水鳥の保護と湿地の保全推進を目的として環境庁が設置し、新潟市が管理運営を行う施設として1998年5月に開設されました。

佐潟水鳥・湿地センター ホームページ より


 潟の遊歩道には桜並木


 潟一面にハスの花が咲き誇る


 白鳥の飛来数は新潟県で一番多い


佐潟水鳥・湿地センター
開館時間:午前9時〜午後4時30分
休館日:月曜日(但し祝日の場合は翌日)、年末年始。
| ピックアップガイド | 15:44 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
● 公式ホームページ
● 携帯専用サイト
● 最近の記事
● カテゴリー
● 過去の記事
● 管理者プロフィール
● 情報配信
このページの先頭へ